羽田野が藤村

アトピー因子:家族歴と以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち一種類、もしくは複数)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる原因、等。
頭皮のお手入れの主だった目指すところは健やかな髪の毛を維持することだといえます。髪の毛に水分がなくまとまりにくくなったり抜け毛が多くなるなど、多くの方々が髪の毛の困り事を秘めています。
つい時間を忘れてパソコンの画面に見入ってしまって、眉間に縦ジワを作り、しかも口角の下がったへの字口(これを私は別称「富士山ぐち」と呼んだりします)なのでは?これはお肌の大敵です。
新陳代謝が遅れると、様々な肌の老化現象やトラブルが起こります。老けて見えるしわ・シミ・くすみ・クマ・弛み・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないくらいなのです。
明治時代の末期、異国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服、洋式の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介すると、これらを表現する熟語として、美容がけわいの後続として扱われ始めた。
若い女性に人気のネイルケアとは、爪の手入れを指す言葉。健康、美容、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など多種多様な活躍の場があり、ネイルケアはなくてはならないものとなっているのだ。
辛い湿疹や掻痒が出るアトピー性皮膚炎の主因には、1.腸内や表皮、肺や口腔内などによる細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な問題、3.栄養面での素因、4.環境面での要因、5.それ以外の考え方が主流となっている。
日本人が「デトックス」に魅力を感じる理由の一つとして考えられるのは、我々が暮らす環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚され、コメや果物などの食物には作用の強い化学肥料や農薬が多くかけられていると喧伝されている。
レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固な濃色のシミを素早く薄く見せるのにことのほか適した治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・紫外線が原因の肝斑・しつこい吹き出物などに適しています。
長時間にわたって紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法は3種類。1.日焼けした部分を冷やす2.ふんだんに化粧水をパッティングして潤いを与える3.シミができないように表皮を剥いては絶対にダメ
メイクの欠点:皮ふへのダメージ。毎朝毎朝煩わしくて仕方がない。メイク用品の費用がやたらめったらかかる。物理的刺激でお肌が荒れる。お直しや化粧する時間が勿体ないこと。
肌の弾力を司るコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線にさらしてしまったり物理的なダメージを繰り返し受けてしまったり、人間関係など精神的なストレスが徐々に積み重なったりすることで、損傷を受け、なおかつ生成されにくくなっていきます。
審美歯科(しんびしか)は、美に主軸を据えたトータルな歯科医療のこと。歯の働きには機能的な一面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、両者ともに健康については非常に大切な要素なのだ。
アトピー性皮ふ炎を塗り薬の力だけで治そうとするのには無理があると言えます。生活習慣や楽しめる趣味など生活全般の捉え方まで視野を広げた問診が欠かせません。
美容外科(cosmetic surgery)は、正確には外科学の中のジャンルであり、医療がメインの形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは違っている。加えて、整形外科学と勘違いされることがよくあるがこれはまったく異分野のものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です